cam for solidworks

HSMWorks 2015, HSMXpress 2015

業界最高水準のSOLIDWORKS®向け統合型CAMシステムを使ってみましょう。

今すぐダウンロード

HSMWorks_2015_1_1
Autodesk CAMチームとして本日HSMWorks2015とHSMXpress2015のリリースを発表します。ソフトウエアは多くの改善がされています。SolidWorks2015の対応だけでなく、最新のワークステーション(32コア74スレッド)も最大限に有効活用できる能力を追加しました。負荷制御加工やシミュレーションツールも機能向上し、ツールパスも大幅に機能強化されています。

HSMWorksユーザーでサブスクリプションに入っていればすぐにHSMWorks2015をダウンロードして使用可能です。

下記が今回のリリースに含まれるアップデート内容です。

全般

  • SolidWorks2015の対応
  • Intel Xeon E5 v4 generation(デュアルCPUシステム)の対応
  • 負荷制御加工の機能向上
  • 旋盤の機能向上
  • シミュレーションとストックシミュレーションの機能向上

負荷制御加工

  • ステイダウンレベルというメニューをリンクタブに追加しました。この設定を使うと退避動作を最大限に軽減します。もし機械の退避がハイフィード動作より遅い場合は、この機能を有効活用できます。このステイダウン機能を使うことによって計算速度が大幅に速くなります。この機能はデフォルトではOFFになっています。
  • 負荷制御加工でテーパー付きのヘリカル進入が出来るようになりました。この進入方法により、切り粉が効率的に排出されます。
  • 負荷制御加工が最小軸切削に対応しました。この設定を使う事によって少なくとも中間ステップで1枚刃が噛んでいる状態になります。
  • 負荷制御加工でのマルチコア計算のパフォーマンスが向上されました。

ツールパス&ツールパス生成

  • ハイエンドのマルチコアワークステーションの対応を向上
  • ボールエンドミルで等高線時に複合軸チルトを追加
  • 貫通穴でのドリルウィザードの改善
  • フェイーシング加工のChip thinningでのジグザグ動作の対応
  • ターニングのパーツに対する最終仕上げパスの追加
  • ターニング輪郭加工においての切り込み(複数のポケットや溝切り)の向上
  • 一定面速度使用時に最大主軸速度の設定ができるようになりました。この設定を使うにはポストが更新されている必要があります。
  • ターニングの掴みかえ機能に対応。この設定を使うにはポストが更新されている必要があります。

シミュレーション

  • ntel Xeon E5 v3 generation (dual CPU system) の対応を追加しました。シミュレーションの速度が大幅に向上します。通常の3Dツールパスであれば1‐2秒で計算が終わります。(参照システム=HP Z840)
  • シミュレーションにて全体的にパフォーマンスが向上しました。
  • ストックシミュレーションでの高速モードにて速度が向上しました。パソコンの性能にもよりますが、ツールパスにもよります。いずれにしろ、全体的に速くなりました。
  • シミュレーションにて新しいポジションバーが追加されました。この追加によって、ツールパスの位置と可視化が向上されます。

ユーザーインターフェイス

  • 最近使用したマシンコンフィグはジョブ設定から直接選択できるようになりました。
  • マシンコンフィグにて主軸パワー、工具ホルダーインターフェイス、そして工具交換の詳細が追加されました。
  • サイクルにて詳細の追加に対応しました。マシンコンフィグのサイクルのページを使用して下さい。これでG81のドリルを混乱起こさず呼び出せます。詳細については表示されるだけで、ポストに影響はありません。
  • ワークオフセットにて詳細の追加に対応しました。マシンコンフィグのワークオフセットのページを使用して下さい。これでG54のワークオフセットを呼び出せます。詳細については表示されるだけで、ポストに影響はありません。
  • ストック選択にて固定サイズボックスに対応しました。

ポストシステム

  • 雛形ファナックポストにて3D円弧に対応しました。デフォルトではOFFになっていますので、「allow3DArcs」の設定でONにして下さい。
  • 雛形Thermwoodポストで5軸に対応しました。ポストはG48.1のTCPに対応しています。もしこの機能が使えないのであれば、枢軸距離をポストで定義する必要があります。
  • 雛形ShopBot OpenSBPの5軸ポストを更新しました。
  • 雛形ShopBot ISOポストを追加しました。
  • 雛形HAAS UMC-750ポストを追加しました。
  • ターニングで“Section.partCatcher”オプションを追加しました。
  • 一定面速度ターニングにて“Tool.maximumSpindleSpeed”オプションが追加されました。

 

SolidWorks2015のCAMソフトに関してより詳細を知りたい場合はhttp://www.hsmworks.comにてご覧ください。
.

仲間になりましょう

コミュニティへようこそ。他のユーザーと繋がりましょう

Facebook

Facebook

ハウツービデオ、使い方のヒントなど

YouTube

YouTube

御社のCAMプロジェクトをフォーラムに投稿して、他社がどうしているのか見てみましょう。

フォーラム

Forums

ヘルプを活用し、答えを投稿し、そして新たな要望や改善要求を出しましょう。

Google+

Google+

会話に参加して、使い方のヒントやニュース、アップデート情報を交換しましょう。

製品詳細

learn

チュートリアルを試すか、関連トピックに対するヘルプを参照する。

お客様の声

『HSMWorksで、我々が求めていた結果をこんなに簡単に得ることが出来ることにビックリしました。SolidWorksにシームレスに統合された簡潔でわかり易いUIにより、簡単に設計の見直しができ、生産性が上がりました。』

Chris Chaput, 氏 Liquid Trucks社のオーナー兼デザイナー

『HSMWorksの導入によって、リードタイムの大幅な短縮と面仕上げ品質の向上が可能になり、なおかつ以前のCAMシステムと比べて工具摩耗が軽減されました。』

Klaus Pohl, 氏 Pohl GmbH & Co. KG社オペレーションマネージャー

『HSMWorksを使うことにより、以前のシステムと比べて20%以上のエンジニアリング時間の削減と、30%以上のスピードアップを実現しました。』

Alexander Zetterer, 氏 Zetterer Präzision GmbH社CEO

『デザイン変更への対応と時間/コスト削減ができるシステムを探していたのですが、HSMWorksだけが要望に応えてくれました!』

Joe Caswell, Caswell Knives社オーナー兼デザイナー